世の中には色んなダイエットがありますけども、ダイエットの基本って言うと、食事節制と適度な運動ですよね。

ある一定の年齢まで行くと適度な運動は、
代謝をあげるという体質改善的適度な筋肉をつけて体に引き締まりを取り戻せるという意味では効果的なんですが、

体重を落とす、痩せる

という意味では効果が出るまで時間がかかったりします。

 

usagi1

美しく痩せるという意味では運動は必須だよね。

 

誰でも知ってるダイエットの基本は

【1日の摂取カロリー】 < 【1日の消費カロリー】

なわけで食事を控えめにすればいいってことなんですが…

これができないからダイエットって進まないわけですよね。
 
 

蕎麦ダイエット

ここでおススメなのが蕎麦ダイエットです。

まず、ダイエットが一番きついのが主食を抜かすもしくは減らすこと。

一般的にはお米、パンです。

これを食べないと、なんとなく締め満腹感が満たされないという方も多いのではないでしょうか。

ですが蕎麦であれば、主食を減らすことなくダイエットをすることができるんです。

なぜ蕎麦がダイエットになるのか?

まずは1人前のカロリーを比較してみましょう。

 
■白米 
茶碗普通盛り(140g)
235kcal

■パン 
6枚切りの食パン、1枚 
重さ:60g 
カロリー:166kcal

■うどん
一玉
重さ:200g 
カロリー:260kcal


そして蕎麦は

 

■蕎麦

一玉

重さ:160g
カロリー:210kca

 

usagi1

あれ…思ったほどカロリーが低いわけじゃないんだね。
じゃあなんでダイエットにつながるのかな?

低GI食品とは

ダイエットをされる方なら低GI食品はダイエットに良いという言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、なぜ低GI食品がダイエットに良いか、ご存じでしょうか?

それにはまずGIについて説明しましょう。

まずGIとは数値で表すもの。

GI値と呼びます。

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。
ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。

ここを踏まえた上で

太るメカニズムについて簡単に説明すると…

私たちが食事をすると、それはになり血流を流れていきエネルギーとなります。

しかし、一気に糖があがると、つまり血糖値が上がると身体はインシュリンというホルモンを分泌します。

このインシュリンが脂肪を作ったり、脂肪の分解を妨げたりする効果があるので、

インシュリンが大量に分泌され続けると太るわけです。

逆を言うと、

インシュリンがあまり分泌されない食べ物であれば太りにくい。

インシュリンがあまり分泌されない食べ物というのは、つまり血糖値が上がりにくい食べ物。

つまり低GIの食品ですと血糖値が上がりにくいためインシュリン分泌が抑えられダイエットに良い

と言われているわけです。

蕎麦は低GI食品

そこで先ほどの主食のGI値を見てみましょう。

・GI値比較

白米 :81

食パン :91

うどん :85

そして…

そば  :54

上記のように

蕎麦は他の主食に比べて

圧倒的に低GI食品と呼べます。

usagi1


そばがダイエットに良い理由は低GI食品だからだったんだね

 

リーズナブルで場所を選ばず

基本的に蕎麦は、都心でも郊外でもお蕎麦を扱うお店は多いですから比較的スタートがしやすい。

探しても見つからないとか毎日朝用意しなければいけないなどはやはり、一人暮らしの方には億劫ですから。

また、もりそば、かけそばであれば一般的にリーズナブル。

もちろんトッピングの天ぷらなどをつければそれなりのお値段になりますが、そもそもダイエットの趣旨から外れていますのでもりそばやかけそばを頼むようにしましょう。

注意:蕎麦をちゃんと調べて

ただし、蕎麦ダイエットで大事なのは、あなたが食べているものは本当に蕎麦なのか?

ということがあります。

見たらわかるでしょって思うかもしれませんが、

蕎麦と小麦粉の配合率の問題があるのです。

生麺の場合、そば粉30%以上
干し麺の場合は、そば粉30%以下の場合はその割合を記載しなさい

とあります。

そば粉に比べ、小麦粉の方が安価であり、また食べやすいという理由から、そば粉より小麦粉の方が多いという、蕎麦というよりもうどんや冷麦に近いものを作って販売していることがあるわけです。

もちろん、うどんや冷麦が悪いというわけではなく、単純に蕎麦と言い難いわけですから、前述までの効果が得られないことは言うまでもありません。

ちなみに、大手チェーンで言うと

「石臼引きのそば粉4、小麦粉6です。昔はそば粉2、小麦粉8でしたが、そばの色を出すためにこの割合にしました。自社工場から生そばを店に納入し、釜で茹でたあと冷水で締めています」(富士そば=首都圏101店舗)

「そばは製麺機で店舗ごとに1日2回作っています。初期投資はかかりましたが、結果的に経費削減ができた。そば粉の割合は同割り(5割)です」(ゆで太郎=同136店舗)

とあります。

個人店などの場合は逆にそば粉10割のところから逆にそば粉3割なんてところもあるかも…

もし同じ店通うのであれば、前もって調べてから行く方がよいかもですね。

usagi1


一概には言えないんだけど、一般的に血糖値があがると眠くなるんだ。
小麦粉の量が多いと血糖値が高くなりやすい。
逆にそば粉が多いと血糖値が上がりにくいから、食べた後に急激に眠くなるようだと小麦粉が多い蕎麦かもしれないね。