投稿されたおすすめダイエットを紹介。
 

ロカボダイエットで糖質コントロール

ロカボダイエットという言葉をTVで目にしたことがある人も多いと思います。

聞きなれない単語ですがロカボとはローカーボハイドレートを意味しています。

そしてカーボハイドレートが炭水化物のことですから、なるべく炭水化物を減らしてダイエットする方法を指します。

日本では白米を主食とした炭水化物中心の食事が多いかと思います。

その食生活の中で単純に炭水化物を無くすということは高いストレスを感じるでしょう。

例えば目的が近く容姿に深く関わるオーディションがある、何かしら体重制限のイベントがあるなどでしたら完全にカットをおススメします。

しかし、ダイエットは長く継続的に行う方が健康面でもリバウンド面でも良いとされています。

ですから完全に炭水化物を取らないのではなく、ダイエット効果を期待出来るようコントロールして生活をすることが重要です。

炭水化物と糖質の関係性

 ロカボダイエットを行なう際には、炭水化物の絶対量を減らすことも大切ですが、糖質について理解することから始めると良いでしょう。

1日の糖質摂取量は性別や年齢に関係なく70g~130g以内に抑えることが良いとされているので、単純に1食の糖質摂取量の目安は20g~40gです。

炭水化物の量を計算して摂取する時に、食物繊維を同時に摂取した際には炭水化物から食物繊維を引いた量が糖質量と考えると分かりやすいです。

加工食品を購入する際に、糖質の量が記載されていない場合には、炭水化物と食物繊維の表示を見て引き算をすれば糖質量が確認出来ます。

肉や野菜に含まれる糖質について

 肉や油については、なるべく良質なものを好きなだけ食べても問題ありません。

カロリーを制限することなく、好きなだけ食べても良い点が他の食事制限ダイエットとは大きく異なるポイントです。

肉に含まれる糖質は、豚肉や牛肉であっても100gあたり1gと少ないので、肉ばかり2kgも一食で食べられる人は殆どいないでしょう。

根菜類は砂糖の原料ともなるほど糖分が多く含まれているものがあるので、葉物野菜を中心に食べれば糖質制限が可能です。

豆類の多くは炭水化物がたっぷり含まれていますが、例外として大豆については低糖質食品として知られているので好きなだけ食べられます。

果物についてもアボカドだけは低糖質ですから食べられますが、他の果物は果糖が大量に含まれているので糖質制限の対象となってしまいます。

水分をしっかりと摂取

ロカボダイエットを行なう上で忘れてはならないことに、

水分摂取量を増やすことが挙げられます。

身体が脱水症状となってしまうことは避けたいので、こまめな水分補給をダイエット中は特に気をつける必要があるでしょう。

血糖値が上がりすぎないようにコントロールすることが目的ですから、血液が水分不足でドロドロの状態では基礎代謝まで落ちてしまいがちです。

なぜロカボダイエットが効果的ななのか?

なぜロカボダイエットが効果的ななのか疑問に思う人が少なくないでしょう。

太る時に身体の内部で起こっている現象を辿れば良いわけです。

急激な血糖値の上昇がインスリン分泌を促進します。

そしてインスリンは体内に脂肪を溜め込みやすくするホルモン。

そのホルモンが大量に分泌されることにより脂肪が貯めこまれていくのです。

そしてその血糖値をあげる原因である糖質は、炭水化物に含まれています。

つまり簡単に言うと

炭水化物→糖質→血糖値上昇→インスリン→脂肪

という流れなわけです。

ですから、炭水化物を減らすロカボダイエットが非常に意味があるのです。

ロカボダイエットでは糖質制限を行なうことで、必要な糖質はしっかりと体内に取り入れつつ余計な糖質まで摂取しないことに特徴があります。

急激な血糖値上昇を抑えるために、タンパク質や食物繊維はしっかりと食べながら、糖質摂取量を食事ごとに減らしてコントロールすれば良いわけです。

急激な血糖値上昇さえ起こさなければ、インスリンの分泌量を脂肪が蓄積するほど高めることが無くなります。

多少不足してしまったブドウ糖については、食事の中から摂取した脂肪を体内で分子を組み替えてブドウ糖として使えば良いわけです。

私がロカボダイエットを始めてから

ロカボダイエットを始めてから1年経過しましたが、
体脂肪率が20%あった状態から11%にまで減少しました。

体重の増減についてはさほど変わっていないので、筋肉量が増えて基礎代謝が上がった分だけ消費カロリーが増えたことが分かります。

体重は変わらずに体脂肪率だけ減らすことが出来たのは、適度な運動を行ったこともありますが、糖質摂取量をコントロールすることでインスリン分泌量をある程度の範囲内で抑えることが出来たことが大きいでしょう。

食事量を制限しなくても、満腹感を感じる前に、食事をしていて満足出来るようになったことは驚きです。

身体に負担をかけずにロカボダイエットを続けるためには、良質な食材を使って自分で料理をしてみると良いです。

全く炭水化物を食べないわけではなく、糖質量のみをコントロールすることに注意を払い、他の食材は個人の嗜好に合わせて好きなように摂取すれば良いわけです。

塩分摂取量がやや増えてしまう人がいるので、水分摂取量は増やすことが望ましいでしょう。