投稿されたおすすめダイエットを紹介。
 

筋トレダイエットと有酸素運動ダイエット

筋トレによるダイエットと有酸素運動によるダイエットで一番大切なのは筋トレで、もし時間がある人は有酸素運動を取り入れると効果的ですよ、ということになります。
有酸素運動のみは体脂肪を減らすのに効果はないと考えていいでしょう。

ダイエットの概要

筋トレをして筋肉をつけることによるダイエットですが、筋トレそのものによる消費カロリーと筋トレによってダメージを受けた筋肉を修復に充てるときの消費カロリーと筋肉がついたことによる基礎代謝の増加を目的としたダイエットになります。
有酸素運動によるダイエットは息が上がらない程度の緩い運動を筋トレにプラスアルファで加えてあげることで高い効果を発揮します。

ダイエットの具体的方法

 

一番大事な筋トレ
筋トレの内容は大きい筋肉を鍛えてあげることです。人間の中での大きい筋肉は、脚、背中(腰)、胸が代表的で、脚に関していえば人間の筋肉の70%が脚についているといわれています。この大きい脚の筋肉を鍛えてあげることでたくさんカロリーを消費します。例を挙げると少し重いものを持った時は前腕筋(肘と正反対にあるところの筋肉)と上腕二頭筋(力こぶ)を使います。その時と階段を上ったとき汗が出るのはどちらか、というとおそらくほとんどの人が階段と答えるでしょう。汗が出れば消費していると直結させるとこれはまた違いますがこの場合は当てはまります。
このことから一番効果が高いのは脚の筋トレということになりますが背中や胸も脚に比べれば効果は薄くなりますが十分に効果があります。
 

スクワット
有名な脚の筋トレはスクワットがあげられますね。足を肩幅ほどに開いてお尻を下げてまた上げていくものです。この筋トレでは大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリングス(太もも裏)、大殿筋(お尻)が鍛えられます。このスクワットではいまいちコツがつかめないと感じる人は脚を少し広めにして同じ動作をすると効いている感じがするかもしれません。このとき意識するのはお尻を下げたとき大殿筋からハムストリングスが伸びている使っていると感じられればしっかりと使えているので大丈夫です。
スクワットと加えてブルガリアンスクワットというものがあります。このスクワットではまず片足を地面についてもう片方の足を後ろの台に乗せたところからのスタートになります。片足立ちの状態ってことですね。この状態からお尻を下げて上げる動作の繰り返しになりますこれは片足のスクワットになりますし、個人的にはこちらのスクワットのほうがきつかったですけどめちゃめちゃ効きました。普通のスクワットでは効果が薄いと感じればブルガリアンスクワットへ移行しこれでも負荷が軽いと感じればペットボトルなど(ダンベルがあればダンベルで)を持ちながらやると負荷は増えるので試してみましょう。この二つの種類のスクワットは15回×3セットくらいが望ましいです。
 

背筋
背中、腰を鍛える筋トレです。これは体育などでやったことのあるものがわかりやすいかと思います。うつ伏せになって上半身を上げ下げするものです。この背筋では比較的負荷が軽いものなので20回×3セットでいいでしょう。慣れてきたらセットは増やさず回数を増やすようにすると効果的です。
 

腕立て伏せ(膝立伏せ)
この腕立て伏せは大胸筋という胸の筋肉と、上腕三頭筋という二の腕の部分を鍛えることができます。二の腕のたるみの気になる人にもおすすめですね。これもやったことのある人は多いと思います。左右の手足のみがついた状態から肘を曲げてきて伸ばしていくものですね。手の幅を広くすると主に大胸筋、手の幅を狭くすると上腕三頭筋が主に鍛えられます。腕立て伏せができないという人は膝をついての腕立て伏せでも大丈夫です。10回×3セットで慣れてきたら回数を増やします。

 
特定部位の筋トレ
例えば全身の脂肪を落としつつ特におなか周りを痩せたいという人は上の三つの筋トレに腹筋運動を加えてあげると効果が早く出ると思います。大きい筋肉の筋トレプラス効果を出したい部位を行ってあげることです。
⑥筋トレの頻度
週に最低2回くらいです。同じ部位を2日連続で鍛えてしまうとその筋肉が回復しきってはいないので逆効果になります。最低でも同じ部位は一日は空けるようにしましょう。もしはまってしまった場合は毎日違う部位を鍛えて二日連続で同じ部位になれなければ大丈夫です。もちろん毎日のほうが効果はあります。

なぜこれが効果的なのか

筋トレをすることによって筋肉が今必要ですよということを脳に信号を与え、エネルギーを体脂肪から使いやすくさせるためです。
ですので体脂肪が減りやすくなりますね。
なぜ有酸素運動のみはダメかというと有酸素運動は長く緩い運動を続けるもので筋肉は重たいから必要ないととらえ筋肉を減らします。
体重は落ちるのですが筋肉は減り代謝が悪くリバウンドしやすくなりますし体脂肪もほとんど落ちません。

そのダイエットを行った結果

体重は二か月で五キロ減りました。腹筋も見えるようになってモチベーションが上がりました。
早い人で2週間で効果は出ますが長い人は1か月ほどかかる人もいます。継続することが大事です。

注意点

先ほども書きましたが二日連続で同じ部位を鍛えないこと、負荷の軽すぎは効果が薄いので軽いと感じたら負荷を上げること、週に二回以上行うこと、継続して行うことです。