投稿された私の失敗したダイエット方法体験談
 

レコーディングダイエット

004011-tn
このダイエット方法はいきなり無理な食事制限を加えたり、運動をして体を絞れと言う体育会系のダイエット方法ではなく、まず自分が食べたものをノートの書き出し、その中で食べなくてもいいものを自分で徐々に削っていくというダイエット方法です。

私が失敗したダイエット方法は「レコーディングダイエット」です。

このダイエットの方法はオタキングとして有名だったデブの岡田斗司夫先生が「レコーディングダイエット」で痩せていったことを元に自分でその本かかれたそうです。

私この本を読み感銘をいだき「これなら自分にもできるかもしれない。」と思いダイエットを始めました。
 

レコーディングダイエットとは?

このダイエット方法は毎日食べているものを一点一点ノートに書き出し、まずは自分がどんなものを今まで食べてきたのかは把握し、次に食べたもののカロリーをすべて調べて書き出すと言う作業に移行し、その後は食べたものを全部書き出しているうちにだんだんと食べ物を見ただけでカロリーの高いもの低いものなどがわかってくるので、自然に低いほうを選ぶ習慣がついて痩せていくと風なダイエット方法です。

確かに、カロリーの低いものばかり食べる習慣がつけば、痩せるのは明白なことなので、このダイエット本は理にかなったダイエット本だと当時の私は盲目的に思いました。

 

私の失敗したダイエット

1122

そこで、私はまず本に載っていたように毎日食べているものを一点一点ノートに書き出すことから始めました。

この作業からして結構たいへんなことなのですが、本を読んだばかりの私はかなり気合が入っていたので、当時はそんなことは思わずにただノートに食べたものを書くだけで痩せるなんて楽なことだと思っていました。

私は、この食べたものを全てメモする段階になれた気なので次のステップである「食べたもののカロリーをすべて調べて書き出す。」という段階へ私は移りました。

外食などで食べる品ごとにカロリーが書いてあるものはそれをそのままノートに書き出せばいいのですが、野菜や果物などのよくカロリーが分からなものはインターネットで調べてからカロリーを書き出しました。

ただ、こんなことをやっていても時間ばかりかかってしまうだけで、ダイエットに結びつくようなことは何もしていないので当然私は全く痩せません。

むしろ、カロリーを調べる作業でストレスが溜まって、ガムや飴を舐めるというおかしな習慣がついてしまいました。

結局私はも食べたものを全部書き出す作業までは順当に進んだのですが「カロリーの高いもの低いものなどがわかってくるので、自然に低いほうを選ぶ習慣がついてくる。」というところまでは私はいきませんでした。